切り絵アート展 展覧会概要

ご挨拶

このたび、全国的にも珍しい、切り絵専門の美術館である「富士川・切り絵の森美術館」(山梨県身延町)の全面的なご協力のもと、切り絵美術の素晴らしさを伝える、息を呑む繊細美「切り絵アート展」を開催する運びとなりました。

「切り絵」は中国で誕生し、それぞれの国や自然、歴史の中で熟成され、独自の文化として成長しました。「切り絵の森美術館」ではその定義を「紙などをハサミやナイフでカットし、貼ったもの。カットによって生まれる独特の美しい切り口(線や断面)を活かして、絵を描くこと」としていますが、「切り紙」「影絵」「貼り絵」「ペーパークラフト」「ペーパーアート」などのジャンルもあり、未だにその定義・技法が確立されてはおりません。

しかし、定義されていないということは、無限の可能性もあるということです。そして、今では「切り絵」という概念を超えた独創的で魅力あふれる作品が数多く誕生しています。繊細で美しく、圧倒的な迫力とメッセージ性を持った作品です。最近ではテレビなどのマスコミで頻繁に取り上げられ、愛好家も増えてきました。特に女性の間で人気が高まっています。

今回、ご紹介するのは、日本を代表する切り絵作家11人の作品です。それぞれが、独自の感性と手法を駆使し、観る人を一瞬にして異空間に導くような作品を作り続けています。どうぞ、日本の切り絵美術の最高峰の作品群を心ゆくまでお楽しみください。そして、この企画展が日本の切り絵文化の発展につながるならば、主催者としてこれに勝る喜びはありません。

主催者

展覧会概要

展覧会名 切り絵アート展
会 期 2018年4月20日(金)〜6月3日(日)
開場時間 10時〜18時(最終入場は17時30分)
休 館 日 毎週月曜日※ただし、4月30日(月•休)及び5月1日(火)は開館
会 場 福岡県立美術館
〒810-0001 福岡市中央区天神5丁目2-1
料 金
切り絵アート展
一 般:1,200円(1,000円)
高大生:800円(600円)
小中生:500円(300円)

※( )内は前売、または20名以上の団体料金
※ 65歳以上の方は一般の前売・団体料金(年齢を証明できるものを提示)
※ 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名、及び特定疾患医療受給者証・特定医療費(指定難病)受給者証の交付を受けている方は無料

前売券

ローソンチケット(Lコード:82153)、チケットぴあ(Pコード:768-954)、セブンチケット、他主要プレイガイドにて販売中

▼前売り券販売場所一覧

■福岡地区

・アクロス福岡チケットセンター/西館2階(中央区天神、092-725-9112)

・チケットポート福岡パルコ店/本館5階(同、092-235-7223)

・ジュンク堂書店福岡店/1階(同、092-738-3322)

・福岡市役所内政府刊行物センター(同、092-722-4861)

・岩田屋コミュニティカレッジ/福岡天神センタービル14階(同、092-781-1031)

・金文堂福岡市博物館店/1階(早良区百道浜、092-823-2800)

・毎日新聞福岡本部事業部/4階(中央区天神、092-781-3636)

■北九州・下関地区

・小倉井筒屋プレイガイド/新館8階(小倉北区船場町、093-522-2682)

・黒崎井筒屋プレイガイド/6階(八幡西区黒崎、092-643-5219)

・出光美術館門司/1階(門司区東港町、093-332-0251)

・シーモール下関専門店街「らん」/1番街(下関市竹崎町、083-232-4703)

主 催 福岡県立美術館、毎日新聞社、RKB毎日放送
後 援 福岡県、福岡市・福岡市教育委員会、九州旅客鉄道、西日本鉄道、 (公財)福岡市文化芸術振興財団、毎日メディアサービス・サンデー新聞、 cross fm、LOVE FM
協 賛